Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/Aのレビュー

完全ワイヤレスイヤホンです。

Appleデバイスとの接続もタップするだけという簡単さ!

耳への着脱を感知して音楽を流してくれる優れものです。

プロのレビュー記事がこちら。

AirPodsはイヤホンの左右ケーブルも取り払った
「完全ワイヤレスイヤホン」だ。
メリットは言うまでもなく、イヤホンケーブルの存在
から完全に解放されること。

iPhoneにAirPodsを近づけてフタを開けようとしたところ、
iPhoneのBluetooth機能がオンになっていたため、すかさず
設定画面が表示されて驚いた。

iPhoneやiPodを使ったことがあれば、耳元に触れた感覚
はまさしくアップル純正イヤホン「EarPods」のそれと同じだ。

外からの力がかからない限り簡単に外れることはなかった。
頭を多少激しく振ってみても、逆にAirPodsを振り落とすこと
の方が難しかったぐらいだ。

ハウジングの下に伸びる筒状の本体、EarPodsではケーブル
からドライバーユニットへと続く軸状の部分は、AirPodsの
方が明らかに内径が太い。

両側の先端にビームフォーミングマイクが搭載されている。

アップルが新たに作ったW1チップによってバッテリー寿命
も長くなった。
1回の充電で5時間の音楽再生、2時間の連続通話ができる。
ケースの充電機能を併用すれば24時間の連続駆動にも対応する。

AirPodsによる音楽リスニングをチェックしていこう。
サウンドはEarPodsと同じ傾向を基本としているが、
より中低域のボディが肉厚で、押し出し感も強い。
半密閉型のハウジングなので、中高域の抜け味もさわやかで、
全体にクールでありながら煌びやかなサウンドだ。

反面、外の音が飛び込んでくるため、どうしても低域が聞こえ
づらくなる。
量感が足りなく感じられ、つい音量を上げてしまう。

片側のイヤホンを耳から外すと音楽再生が一時停止する。
再度イヤホンを耳に装着すれば音楽再生を再開する。
通信の安定感も試してみたが、音切れやノイズの発生はとても少ない、

Siriによる音声コマンド操作にも連動するが、ボリューム
を上げ下げするだけでもいちいちSiriを呼び出し、
時にはコマンドを誤認識されたりと、物理ボタンで済ませれば
一瞬でできる操作に手間がかかってしまう。

リモコン操作が不便な点を除けば、本体は軽くてコンパクトだし、
デザインはスマートで完成度の高い完全ワイヤレスイヤホンだ。

これからiPhoneに最適なワイヤレスイヤホンを探している方には
良い選択肢のひとつになるだろう。

(以上は元記事からの引用です。

http://www.phileweb.com/review/article/201612/19/2363.html)

これ以上シンプルなイヤホンはない!

一言で言えばそういうこと。

購入者のレビューでは、もう一つ「耳からうどん」!

これもたしかに頷けます。

こんな感じですから。

特にAppleデバイスとの設定が簡単でランニング中でも

外れる心配がありません。

片耳使用でもいいので、往来では外の音も聞こえます。

安全に走る、あるいは歩くためには、外の音が聞こえる
ことが大事です。

この点も含めて優秀なイヤホンです。

このイヤホンはこちらから

amazon検索
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク