小型家電は地球温暖化の一因か?

ちょっと気になる記事をみつけました。

こちらです。

小型家電、地球温暖化の一因に 研究

これによると、電子レンジ、電気ケトル、ヘアドライヤー
などが環境に害を与えている、と。

学術誌に掲載された論文だそうですが、EUで使用されて
いるそれぞれ1億台以上の小型家電が出すCO2の量は
大変なものだ、ということです。

新たなエネルギー供給が実現するまでは、電力の浪費を
抑えなければならない。ついては、まず「浪費を抑える」
ことが大事である、と。

つまり、電子レンジ、ケトル、ドライヤーを必要以上の
時間利用している実態を指摘し、適正な使い方をするように
注意しているわけです。

さらに、まだ使えるのに廃棄される小型家電の量が大量で
あることから、家電製品のライフサイクルを、消費者も、
製造者も考慮しなければならない、と結論づけています。

まだ使えるのに買い替え?

ある意味、小型家電というのは、たとえば携帯、たとえば
スマホのように、新しいものにしたい!というシンプルな
欲望を刺激します。

毎日使うものだけに、ここがこうだったら、とか、ここが
不便、とか、目に付く部分もあって、価格も手頃となれば、
新製品が出たら欲しくなるのも当然とも言えます。

ですから、メーカーに「環境への配慮」が求められるわけ
なのですが、同時に消費者ももう少し賢くなって、必要
十分な機能を持つ家電を選び、長く使うことを心がける
べきでしょう。

まあ、このブログでは新しい家電やゲームなどを紹介
しているのですから、やや矛盾は感じますが、やみくも
に新しいものを購入する、という人は少ないと思います。

長い目で見れば、シンプルなものが一番ではないか、
と思いますし、故障がなく、必要な機能を備えている
かどうかで本当に自分が「これ」と思えるものを選ぶ、
そんなときの参考になればと思っています。

実際「家電」も「ゲーム」も楽しいので

ただ言えることは、家電もゲームも楽しい!という
ことです。

特にAIの進歩によって、今後はさまざまなところに
かつて夢見た「未来」の生活が出現するでしょう。

今度はどんなものができるのか?

それによって何が可能になるのか?

実際に購入するかどうかよりも、まずは、新しい情報や
新しい製品を知ることが楽しみになります。

機能ばかりでなく、デザインも楽しめるのが家電です。

スタイリッシュなデザイン。

可愛いい形。

癒される照明。

いまや家電は生活を彩る喜びのツールでもあります。

単なる道具ではなく、生活に潤いを与えてくれるモノ
になっているのです。

ですから愛着も湧くでしょう。

大事にも思うでしょう。

長く付き合いたいと思うでしょう。

そんな家電をぜひ探してみてほしいと思います。

amazon検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする