パナソニック「定額家電サービス」はうまくいくか?

最近「定額」サービスが目立ってきました。

ブランドバッグ、時計、高級車、など。

買えばそれなりの値段のものが定額で利用できるのは魅力ですね。

しかも、次々に違うものを使うことができるとあって、若い人を中心に利用者が増えているようです。

また、レストランの「定額サービス」もあって、決まった月額で、フランス料理のフルコースが楽しめるとか。

これらは、提供する側の「定額」収入のメリットが大きいでしょうが、インスタに投稿するときのグッズとして利用するなど、利用する側のメリットもありますね。

ある若いIT社長が、高級腕時計を定額レンタルしていたのには、ちょっと驚きましたが・・・。

買うことを考えれば安いですし、別ものに変えられるので、「楽しむ」メリットは大きいでしょう。

パナソニックの「定額家電サービス」とは?

すでに、テレビではスタートしていますね。

49~65型の4K、有機ELなどで始まっていて月額3400~14000円。

3~5年契約で、契約終了時に、引き取り価格を支払って使い続けるか、新しいものに切り替えて利用するか選べるようです。

この間の修理は無料、「最新モデル」が選べます。

これには「モニター」としての役割も多少加味されているようです。

たとえば、55型有機ELならば、店頭小売価格はだいたい34万円。

3年契約の場合、初月9800円、あとは月々7800円ですので、利用料金は3年で

7800×35+9800=282800円となって、まあお得です。

・・・・う~ん、お得??

パナソニック 55V型 有機EL テレビ VIERA TH-55FZ1000 4K 2018年モデル

こちらは「高音質」モデル、272450円。

店頭価格と比べられても、アマゾンですけど。

パナソニックの修理とか保障とか、さまざまなサービスを考慮すると、考え方はいろいろでしょうね。

パナソニックとしても、顧客の囲いこみというか、データ管理を充実させて、サービスの向上を図る狙いがありますから。

確かに、家庭の家電をみると、まだまだパナソニックばかり、とか、パナソニックなら安心、という意識は高齢者を中心にあるように思います。

そのあたりはさすがに伝統の力ですね。

今後の家電は、lot化が進んでいきますから、家電の購入は単体ではなく、複数のものを連動させることを考えるようになってゆくでしょう。

そうなると住宅そのものとの関係も含めて、「パナソニック」の存在が大きくなる可能性もあります。

物が売れない時代に、どうやって顧客を掴むか?

家電メーカーにとっても、今後の展開が難しいところです。

amazon検索
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク