バルミューダ ザ・レンジ はレストランのイメージ!?

スポンサーリンク

バルミューダ 18L フラット庫内オーブンレンジ BALMUDA The Range K04A-BK(ブラック)

「バルミューダ」といえば拘りのデザインでファンが多い、
家電の人気ものです。(高いけれども)

何といってもシンプルで、わかりやすく、でもそれだけは
ない、使う楽しさ、触る嬉しさまで考えられた、まさに
「楽しめる」家電なのです。

まず「

バルミューダはカラフルではない。

ボタン

タッチパネルではない。

回します。

しかも左右のボタンで、左はモード選択。

「自動温めモード」

「マニュアルモード」

「飲み物モード」

「冷凍ごはんモード」

「解凍モード」

モード選択のつまみ

「オーブンモード」も選べます。

見たら分かるというシンプルさ。

液晶のフォントが「レトロ

表示部には"反転液晶"を採用

こんな感じ。

さらに「音」が出る。

ここがちょっと笑えて、さらにコイツが好きになるのです。

モード選択の切り替えで「ジャジャジャーン」とアコギの音が!!

マニュアル設定ではドラムが!

これ、プロのミュージシャンに依頼してしてスタジオ録音
したそうですから。

しかも、庫内底面をよく見ると、レコードのターンテーブルの
イメージのデザインになってますよ!

この拘り!!

扉の外側の3つのLEDライトはレストランのイメージで。

こんなレビューがありました。

「デザインが最高です。
現在日本製の電子レンジのほとんどは便利さを求め過ぎて
デザイン性にかけていますが、バルミューダはデザイン最高
で便利さはシンプルと思いきや、必要なものはすべて揃って
います。
ディスプレイ表示の洗礼さ、メニュー切り替え及びタイムカ
ウントの音楽、現在の販売されている電子レンジ界では最高だと思います。」

(原文のまま引用。amazonより)

バルミューダはある意味「憧れ」の家電です。

「憧れ」になれる数少ない家電です。

amazon検索
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク