カラフルな南部鉄器が世界で人気!!

鋳物って知ってますか?

鉄でできた昔ながらの急須や鍋。

特に「南部鉄器」では「岩鋳」(イワチュウ)がトップブランド。

世界で人気で、日本に逆輸入される状態だそうです。

こちらの記事を読んでみてください。

日本人が知らない南部鉄器の海外人気

カラフルな鋳物もありますが

確か以前にTVでも紹介されていたと思います。

やはり海外ではカラフルなものが人気なのですね。

こちらはamazonのベストセラーです。

及源 盛栄堂 南部鉄 新亀甲アラレ 1.25L 

評判もいいです。

鉄器ですから長く使えます。

こんな感想がありました。

「気のせいかと思いましたが、これで沸かした白湯を
飲んでみたところ、微かに甘みのようなものを感じました。
カルキの抜けた水本来の味なのでしょうか。
鉄補給にもなるし、大袈裟に言うと生活が豊かに
なります。雰囲気もあるし、オススメ。」

さらに、

「持ち手も大きく形も大きさもほどよいです。
IHでは弱火〜中火までの使用じゃないと認識しないのと、
火力が強すぎると変形したり割れたりするようで。

最初からしっかりと湯垢を付けたかったので、硬度の
高いヨーロッパのミネラルウォーターで湯垢づくりを
しましたが、見た目の問題でサビっぽいのが点々とつ
いてしまいました。
この程度は問題ありませんが、しっかり湯垢が付いて
くれたので満足です。」

鉄瓶の手入れと使う前の準備

上記に「湯垢」をつける、とありましたが、鉄瓶の場合、
鉄は水ですぐ錆びてしまうのでサビを防ぐ必要があるの
です。

鉄瓶内部には「「酸化皮膜」ができていて、これがサビ止めになります。

ですからこの膜が剥がれないように「湯垢」をつけます。

湯垢というのは水の中のカルシウム等の成分です。

カルシウム含有量の多いコントレックスなどの硬水を使う
といいでしょう。

硬水を入れて沸騰させ、中身を捨てます。

これを3回繰り返すと鉄瓶の内部が白っぽくなります。

こうなれば錆びることなく、美味しいお湯を沸かせるよ
うになります。

使用後は、内部に水を残さないようにすぐに捨て、

鉄瓶を乾かしておくようにします。

乾かすときは、余熱を利用するか、弱火で火にかけます。

生活必需品とは言いませんが、暮らしをちょっと豊かな

気持ちにしてくれる品かもしれませんね。

amazon検索
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク