「家電用の部品」でロケット打ち上げに成功!?

家電の売上が20年ぶりに最高を記録した、という日本の
家電。

なんと、家電部品を使って世界最小級のロケットを作り、
打ち上げにも成功したそうです。

「最小級」ですから費用も5億円、全長10メートル。

こちらに記事と動画があります。

家電用の部品使い 世界最小級ロケット打ち上げ

家電が熱い!その理由を中国が分析?

20年ぶりという「家電」の好調に中国も驚いているそうです。

もともと優れた技術を持っていた日本企業は、保守的で
スピード感に欠けていたために自滅したが、営業戦略が
うまくいけばこの先の見通しも明るいだろう、
と分析しています。

売れているのは、省エネ、家事の時短をウリにした製品です。

消費者が求めているものをようやく家電メーカーが提供
できるようになった、ということなのでしょう。

また消費者も、家電に求めるものが「省エネ」「時短」
となって、必要なものは購入する、と変わってきている
のも大きいでしょう。

「省エネ」「時短」家電といえば・・・

やはり冷蔵庫、洗濯機、エアコン、照明之「4大家電」の
電気代が節約できる”省エネ”家電。

主婦の味方”時短家電”といえば、

食器洗い乾燥機、フードプロセッサー、ロボット掃除機、
洗濯乾燥機など。

時間と手間が省ける家電は今や必需品ですから。

家電の購入のコツはひとつ前の型を購入すること。

新製品と比べて価格は安くなりますし、性能はそれほど
差がありません。

また、慌てずにじっくり選ぶことも大事です。

本当に役立つものを賢く購入しましょう。


amazon検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする