「人生ゲーム」が50周年!アナログボードゲームが売れている!

スポンサーリンク

タカラトミーの「人生ゲーム」が50周年だそうです。

懐かしいボードゲームですが、まだまだ売れています。

何しろ2009年から2015年にかけて5倍近く売上が

上がったそうなんです!

参考記事はこちら。

50周年の『人生ゲーム』、“アナログ”なボードゲームが売れ続ける理由とは?

辛口の「大人のゲーム」

お子様向けではなく、人生はそううまくいかない、と思わせる
「大人」のゲーム。
それが「人生ゲーム」です。

順調に見えて落とし穴が待っている。

様々な事情で待たなければならない。

かと思えば、思いがけずにひとっ飛び!

盤上のコメントも時代を反映していて、「そりゃあそうだ」
などと、納得してしまいます。

ちょっと世知辛い、まさに「人生ゲーム」なんですね。

またこれが、「ボードゲーム」だからいいのです。

ひとりではなく、みんなでするから、楽しくもあり、苦さ
もある。

そこが「人生ゲーム」の醍醐味です。

 ベストセラーは「2016年ver.」

親が買ってみんなで遊ぶパターンですね。

親は懐かしく、子どもは楽しい。

親はいろいろ説明もできて、まさに人生を語れます。

ただ愉しむだけでも、あそこであと一歩進めたら、とか
いろいろ課題が出てきておもしろい。

なぜできなかった?といえば「運」だったりする。

そんな奥深いゲームですね。

人生ゲーム 2016バージョン

amazon検索
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク