「ジェネリック家電」って?

スポンサーリンク

「ジェネリック」といえば、医薬品、と思いますが、

「ジェネリック家電」という言い方を知りませんでした。

こんな記事を発見。

ジェネリック家電が熱い

ようするに、いわゆる大手家電メーカーに対して、

価格が安く、性能には差がない家電を指す言葉なんですね。

いわゆる「大手」とは、

ソニー、パナソニック、シャープ、NEC、東芝、日立、、三菱、
富士通の8社と定義されています。

ざっくり言って、アイリスオーヤマ、YAMAZEN、などが
「ジェネリック家電」にあたるようです。

amazonの売上にみる選択

たとえば、以前にも紹介した記事で、いわゆる「ジェネリック」
家電がamazonのカテゴリー別順位で1位になっている事実
を知ることができます。

つまり、購入する側は、特に「大手」にこだわるわけでは
なく、必要な機能があれば、価格が安いものを選ぶのです。

例えば、上記の記事中では、
LED電球について、
パナソニック 1080円>アイリスオイーヤマ 573円
を比べていますが、

実際amazonでもアイリスオーヤマのものがベストセラー
となっています。

また、ドライヤーは、
パナソニックナノケアドライヤー 14996円>コイズミ製
イオンドライヤー 3795円

という例も挙げられています。

ドライヤーは改めていろいろ比較してみましたが、amazon
では高めのナノケアがベストセラーでした。

品物によって違いますが、概ね大手メーカーよりも格安の
ものを購入する傾向はあるようです。

ネットの特性を活かして、多くのモノから選択できます
から、必要な機能を考えて選択することが可能ですね。

家電の場合は耐久性を求めるのか買い替えか?

大型家電以外の、ドライヤーとか電球とか、買い替えが前提に
なっているものは、価格の安いものから試してみる、という人
が多いですね。

今回ドライヤーの買い替えを考えていたところでもあり、
3000円くらいのもので選ぼうと思っています。

その値段であれば、コイズミかなあと考えています。

購入しましたら、レビューしてみますね。

毎日使うものは軽くて使いやすいものがいい。

そう言う意味では、コードレスクリーナーは、コンパクト
で軽いもの、というのが条件になります。

性能でいえば、やはりダイソンだろうと思いますが。

使うひと、使う場所、に合ったものを選ぶのが家電の
基本だと思いますし、必要以上の機能は無駄です。

価格の安いもので欲しい機能があれば十分。

まずは、何が「必要な機能」なのか、そこを抑えておきましょう。

amazon検索
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク